66_umareのブログです。

朝の習慣にレモン水を取り入れてみた。デトックス?知らん!

サムネイル_朝の習慣にレモン水を取り入れてみた。

最近、レモン水がひそかなマイブームになりつつある。

 

美容?ダイエット?

いや、そんなものは知らん!

 

朝が苦手でどうしようもなかった僕が、レモン水で得た実感をまとめみた。

なんのためにレモン水

レモン水って何かっていうと、文字通り水にレモン汁を混ぜただけのもの。

 

これを何のため飲んでるのか。

僕は、寝起きに飲む眠気覚ましアイテムとして最近活用している。

 

一時期巷で、デトックス効果やらダイエット効果やらを期待され広まった側面もあるんだろうけど、どうやら科学的な根拠とかは特にないらしいから、僕もこのあたりは完全に無視してます。

飲んでて感じること

そんなレモン水だけど、朝がものすごく苦手な僕にとっては、レモン果汁のさわやかな酸味がぴったりでした。

寝起きの鉛のような身体に、ちょうどいい刺激が優しく覚醒を促してくれる…気がしている。

 

朝は食欲も湧かないので、味のあるものを胃に入れることも避けてたけど、れもんの酸味はなぜかちょうどいい。

 

一応、ダイエット効果とかデトックス効果に触れておくと、個人的には体重は変わらないし、酷く怠い朝はやってくる。

飲む頻度を増やせば変わる?どうだろなぁ…(笑)

オレンジジュースとかでよくない?

って一時期は思ってました。あとグレープフルーツジュースね(笑)

でも、結局朝の胃袋にはあの甘味と酸味でさえ激しすぎるんだ…。

 

レモン水は、甘みは特にないし、酸味もその日によって調整できるから、その点は便利だと思ってる。

 

作り方

コップ一杯のミネラル水(200ml)に約大さじ1杯のレモン果汁を混ぜるだけ。

 

正直、最近は目分量です。大体これでちょうどいいレモンの酸味感が味わえる。

 

レモンの酸味は、多少強くても、お酢みたいな強烈さはないので多めでも美味しいです。

 

でも、多すぎる歯がギシギシいうのでご注意を。

健康効果は求めず

あくまで眠気覚まし。

前述したとおり、デトックスとかダイエットとかへの効果は、個人的には期待してません。

 

でも飲む。なんか眠気覚めるし、美味しいから。

おわりに

あなたも苦手で憂鬱な朝を少しだけでも変えてみたいと思ったら、まずは一杯のレモン水から爽やかな朝を体験してみてはいかがだろうか?

 
 
 

切り取り&スケッチの保存先が分かりにくいので備忘録

Windows10のキャプチャ機能「切り取り&スケッチ」。

 

ふとした時に便利なんだけど保存先がちとややこしい。

たしか前にも、どこだっけ?って調べた気がするから備忘録。

 

 

切り取り&スケッチの保存先

ここ↓

C:¥Users¥ユーザー名¥¥Local¥Packages¥Microsoft.ScreenSketch_8wekyb3d8bbwe¥TempState

※¥は小文字

※AppDataは隠しフォルダ:表示タグから|□隠しフォルダ|に☑

  

そうだそうだ、前もここ開いたなぁ。

 

 

とりあえず対策

どうせまた忘れるので、とりあえずピクチャフォルダにショートカット作っておきました。

 

これで安心だぜ(ニッコリ)。

知人のYouTuberが最近怒っていること|相互登録の話

 

YouTuber相互登録の誘いに怒り爆発

先日、YouTuber歴約1年になる知人があることに怒っていた。

 

チャンネルの相互登録の誘いだ。

 

 

彼がいうには、TwitterのDMに

「チャンネル登録しました。

僕もYouTubeやってるので登録お願いします!」

といった内容が来るという。

 

YouTubeでは、クリエイター同士のチャンネル相互登録は、規約ではっきりと禁止されている。そんなDMが届くたび知人は、規約違反であることを伝え丁重にお断りしているという。

次の種類のコンテンツは YouTube で禁止されています。なお、このリストはすべてを網羅しているわけではありません。

  • 視聴者にチャンネル登録を促すことを目的とした動画。
  • 相互登録を呼びかける(「Sub4Sub」)動画。
  • 「高評価」を販売する動画。
  • 10 万人目のチャンネル登録者にチャンネルを与えることを持ちかけるだけで、それ以外のコンテンツを含んでいない動画。

    スパム、欺瞞行為、詐欺に関するポリシー - YouTube ヘルプ

 

しかし、少し酒が回りだした彼は言う。

「もはや規約違反だとか

そんなことはどうでもいい!」と。

(決して、どうでもよくはない。)

 

DMが届いた際には、その時点で相互登録はしないと固く誓ったうえで、相手方のチャンネルを覗きにいってみるのだが、もうこれが酷いこと酷いこと。

 

あくまでも一人の経験上の話ではあるが、所謂YouTubeをプラットフォームにしている配信者のような人が何となく多く感じるそうだ。

例えば、

ひたすら無言のfps。特別見どころはない。
ひたすら雑談。特に面白トークはしてくれない。
そもそもまだ一本も動画をあげていない。ここまでくるとライバーなのかすらも分からない。そう、何も…。 
 

彼は、最後のハイボールジョッキを片手に

「動画の作りが粗いとか内容が面白くないとか、その辺は経験やら感性の問題だとしたうえで、それ以前の問題は、もはや他の頑張っている投稿者たちを舐めているとしか思えない!!!!」

 と、ついには怒りを爆発させていた。

 

 

さいごに

知人の吐いた愚痴をそのまま赤裸々に綴ってしまったため、本人チャンネルの宣伝は控えることにする。(ごめんね😘)

 

相互登録というのは、実際どのくらい横行しているんだろう。

まさか、こちらの正義感が一際強いだけで、実際YouTuberからしたら相互は当然すべきことなのか…んなわけないよね。

他のクリエイターさんにも、その辺伺ってみたい。

 

とはいえ、相互登録の件は、やはり僕自身がユーチューバーでも無いので結局他人事。

 

 もしチャンネルを開設してみたら、彼の抱えるやるせなさにも近い怒りをより深く理解できる・・・いや、そもそも相互の誘いをされたがるほどの気を引くコンテンツは、今の僕には思いつかないので意味がないね。

 

仮にも満を持してYouTubeに参入したときは、もちろん相互登録はお断りで。

『木梨憲武展 Timing-瞬間の光-』に行って芸術の秋を堪能してきた話。

こんにちは、66_umareです。

さて昨日、名古屋にて開催中の『木梨憲武 Timing-瞬間の光-』に行ってきました。楽しかったのだ感想を書いてみたいと思います。

 

木梨憲武 Timing-瞬間の光-』とは

 絶賛開催中の展示会については公式HPほか、公式SNSから概要や会場の一部模様についてご覧いただくことが出来ます。

 

 木梨憲武さんの9度目の個展がいよいよ名古屋にもやってきたわけですが、内容としては、ロンドンで開催した際に披露した作品が中心とのこと。

 

「芸術とかアートとか全然ワカンナイ…」といった方やお子さん達にとっても楽しめやすい展示会になってるかと思います。 何より僕自身、芸術知識ゼロですが、本当に楽しかったです。

 

会場内の作品は、写真撮影OK(一部作品はNG)ということで、今回はバシバシ撮らせていただいたので、その中から気になった作品の写真も交えて展示会の感想を書いていこうと思います。

 

 

やってきたよ『木梨憲武』!

さあ、早速入場して目の前に飾られているのが『感謝』という作品。記念にパシャリ。

f:id:blog_66umaredesu:20191015175039j:plain

気になった作品あれこれ

個人的に特に気になった&気に入った作品を数点ご紹介したいと思います。

 

f:id:blog_66umaredesu:20191015181029j:plain

まずは、気になったというか、「なるほど、"さらに自由に、さらに洗練された作品"(公式HPより)ってこういうことか」って思った作品の一つです。

木材でできた街の地図。可愛いですね。

 

f:id:blog_66umaredesu:20191015183829j:plain

こちらです。

REACH OUT>というシリーズの1作品。

木梨さんが「手」をモチーフに20年ほど描き続けているシリーズで、人との繋がりや助け合いなどのメッセージが込められた作品となっています。

 

手をモチーフというのが面白くて、どれも模様のような波線が重なり合った不思議な作品ばかりです。

特に、この作品で注目したのがココ。

f:id:blog_66umaredesu:20191015184748j:plain

女性の唇のように見える赤のワンポイント。

赤色のテープで表現してありました。まさかテープ。全体で見ると作品の一部になるんですね。これも、高度な遊び心から湧いた発想…といった感じでしょうか。

 

f:id:blog_66umaredesu:20191015185742j:plain

木梨さんの想像から誕生した「フェアリーズ」シリーズもまた面白い作品ばかりでした。

段ボールで切り貼りして作られているのも面白いですが、なによりキャラクターの数です。様々な姿形をした不思議な妖精たちが優に500体は超えていますから、フェアリーズ1体1体こそ可愛らしいものの額縁5枚も並ぶと圧巻の作品に感じられます。

そして、おすぎさんとピーコさんの名前が(笑)

こういった交友も作品に反映させているのも木梨さんをテレビで見ていた方にとっては面白い仕掛けかもしれませんね。

f:id:blog_66umaredesu:20191015185820j:plain

 

その他気に入った作品の一部です。

 

f:id:blog_66umaredesu:20191015185851j:plain

キャンパス代わりに切れ端のような段ボールが使われています。

 

f:id:blog_66umaredesu:20191015192127j:plain

旅先で見た情景などの作品は、本当に美しかったです。

 

f:id:blog_66umaredesu:20191015192116j:plain

遊び心が爆発しすぎてます。

 

というわけで、非常に幅広い作品を見ることが出来て、本当に楽しい個展でした。

おわりに

今個展は芸術作品に馴染みが無い方にとっても非常に分かりやすく楽しめるものになっていたと纏めながら改めて感じました。

 

そういえば、季節はすっかり秋ですね。そう、「芸術の秋」だ!

ということで、芸術を楽しむいいきっかけにもなるかと思いますので、『木梨憲武 Timing-瞬間の光-』是非おすすめです!

 

2020年には、福岡県、長崎県福井県、東京での開催が予定されているので、気になる方はチェックしてみてくださいね。

 

ということで、おわり!

“よつばと!最新原画展”へ行ってきた【よつばと!】

先日、名古屋パルコにて開催中の"『よつばと!』最新原画展"へ行ってきたので感想とか色々書いていきたいと思います。

よつばと!』最新原画展とは?

展示会の概要については公式Twitter等でも紹介されている通りになります。『よつばと!』ファンには堪らない、原稿やネーム、資料等々が盛りだくさん。作者の あずまきよひこ 先生によるメイキング映像は、まさに必見です。制作へのこだわりなども数々の資料を通して知ることが出来て、おそらく『よつばと!』ファンのみならず漫画ファンの方も非常に楽しめる内容になっているかと思います。なお、展示ブース内は撮影禁止のため当記事での展示資料の写真掲載はございません!

 

いざ原画展へ

 展示ブースに向かう道中、待ち構えていたのが「よつば」と「とーちゃん(葉介)」そして友達の「ジャンボ」の3人です。コミックス2巻の裏表紙にもなっていたイラストですね。

f:id:blog_66umaredesu:20190825234146j:plain

入り口前。「よつば」「みうら」「恵那」がお出迎え。可愛いですね。

f:id:blog_66umaredesu:20190826001226j:plain

 

さて、ここから先の様子は写真などでお伝え出来ないのですが、たくさんの貴重な原画が展示されておりどの原画もとても興味深いものばかりでした。

以下、見どころをまとめてみました。

展示原画についての丁寧な解説付き

今回展示されている原画は、最新原画展ということで、コミックス13巻と最新14巻からのものが中心となっています。その中でもよりこだわったものや、工夫が伝わりやすい原画がチョイスされているだけあって、どれも素通りなんて出来ない素晴らしい展示ばかりでした。また、来場者に優しいのが、丁寧な解説が付いてたりと作品へのこだわりがめっちゃ分かりやすかったです

タッチも修正箇所も余白も隅々まで丸見え

やはり生の原画を間近で見れる点は、原画展ならではの醍醐味ではないでしょうか。印刷した後とは違う線のタッチの感じ。制作過程が垣間見られる余白メモ。そして個人的には特に、ホワイトなどで修正した跡なども見ていてとても面白かったです。『よつばと!』では、よつばの表情や人物などの影、背景への描き込みなどがとても特徴的だと思っているんですけど、その辺にも修正が入っていたりしたので、こだわられてる部分なんだろうなと感じました。

あとは背景…。まるで写真のトレースみたいなんだけど、しっかり線画で描き込まれてる背景すごく好きで、実在する商品とかロゴまで再現してるじゃん汗ってくらい普段何気なく見ていた部分まで手が込んでるのがよく分かりました。

また、アングルの変更など大幅な修正についても紹介されていたりと、僕は漫画家さんでもなんでもないんですけど、凄く勉強になってる気分で見て回ってましたw

先生の原画を見て思ったことがもうひとつあって、修正跡とかメモとかって書きましたが、正直思っていた以上に少なくてすごく綺麗な原稿でした。ホワイトすら綺麗な線のような非常に几帳面さを感じる部分ばかりでした。連載のペース上がんないのかなーとか思ったことも正直ありましたが、これだけ丁寧で美しいともいえる原画を見てしまうと、もういくらでも待ちます!こだわり抜いてください!と言いたくなってしまいます。本当に素晴らしい漫画家さんだと再確認しました。

あずまきよひこ先生による、メイキング映像(ペン入れ&色塗り)

めっちゃ贅沢な映像。作品に命が吹き込まれていく瞬間瞬間を映像で見ることが出来ます。映像自体の尺もたっぷりあったんですが、幸い人が少ない時間帯にいたのでじっくりゆっくり見ることができました。色塗りのメイキング映像では、展示会ポスターにもなっている自転車に乗ってニッコリしているよつばがデジタルで色塗りされている模様が映されていました。”よつばブラシ”というとてつもなく可愛い名前で設定されたペンがとても印象的でしたw

まさに漫画から飛び出た世界!『よつばと!』ワールドの小道具たち

よつばと!』という漫画の世界が、読者にとって身近に感じてしまうのは恐らく何気ない背景や小道具があまりにも緻密に模写されているからではないでしょうか。今回原画展には、作中に登場する背景の写真や実物の小道具など、いわゆる作画資料の展示もあります。『よつばと!』の中に描かれた数々の道具たちはまるで漫画から飛び出してきたみたいにどれも忠実に描かれていることがよく分かるコーナーとなっています。

 

もちろんこれら以外にも、ネームや先生の仕事道具など貴重な展示物もあり、正直ファンにとっての見どころは全部といっても過言ではありません!

楽しい時間もそろそろおしまい… 

一通り展示コーナーが終わると『よつばと!』グッズのショップがあるので、記念になにか買って帰ることも出来ます。ちなみに僕は、コースターとポーチ的なものを買って今も早速使わせてもらってます。

f:id:blog_66umaredesu:20190825234134j:plain

 

というわけで、展示ブース内は以上と言った感じです。ブース出れば、「よつば」と先程もいた「ジャンボ」、そして「やんだ」が待ってました。仲良し!

 

f:id:blog_66umaredesu:20190826001220j:plain

 

そんでもって最後は「よつば」と「ダンボー」。一緒に記念写真をパシャリ。完全にテンション上がって浮かれ気分です。楽しい時間はあっという間でしたが、心は『よつばと!』で満たされきりました!

f:id:blog_66umaredesu:20190825234209j:plain

 

おわりに

乱雑な感想で申し訳ないのですが、とにかく大満足な内容でした。贅沢で貴重な時間を過ごすことができたこと、そして今まで以上にこの作品を好きになれたことを幸せに感じています。また今後も新たに最新原画展が開催されることを願っています。

 

よつばと!』ファンだけではなく漫画好きな方にもオススメの“『よつばと!』最新原画展(名古屋パルコ会場)“、9月1日と開催期間も残りわずかとなっていますので、気になっている方は是非足を運んでみてください!

" ♯サマーウォーズ屋台 "に参加してみた【夏の思い出】

スタジオ地図」さん公式アカウントで期間限定企画が本日午前まで行われていました。

 

これには僕も、何か用意しないわけにはいかんだろうと思い立ったわけで。当初はこの企画用に一からカッコいいアバターでも描こうかなとか思ったんですけど、、このイラストを投稿することにしました。

f:id:blog_66umaredesu:20190814015748j:plain

 バーーーーーーーーン。(謎の効果音)

 

普通とはちょっと違うスマートな達磨をイメージして描いたのがこの達磨アバターでした。実際にスマートなのか?と言われればかなり苦しいところではありますが…その辺はともかくとして、このイラストでいっちょお願いしてみようということで投稿してみたのでした。

他の方々のアバターと並んだ時に浮いちゃうんじゃないだろうか?って心配もありました。

 

結果は冒頭のツイートの通りです。本当にありがたいことに僕の描いた達磨アバターを集合絵に加えていただくことが出来ました。本当にめっちゃ嬉しい…。良かったら達磨探してみてください(右上辺りにいる)。

 

でもやっぱり若干浮いてるかも?もちろん存在感のこと。自分で描いたやつだからそう見えるだけなのかな…。んーでも載ることできたしオッケーだ!しかも改めて全体を見てみれば(まだ追加途中だけど)全然達磨っぽいアバターいないしキャラ被ってない!まさに自画自賛したくなっちゃうんだけど、それだけ嬉しい素敵な夏の思い出が出来たので、今日のブログに書かせていただきました。

【大苦戦】単6電池がある店を探し回った結果。|知らない単6電池の世界【体験談】

 thumbnail_【大苦戦】単6電池がある店を探し回った結果。|知らない単6電池の世界【体験談】

こんにちは、66_umareです。

本日は、「『 単6電池』を探し奔走する」という出来事があったので書いていこうと思います。

 

 

 

はじめまして“単6電池”

先日、愛用していたデジタルペンが電池切れで云とも寸ともとも言わなくなってしまいました。どうやら中の“単6電池”の寿命が尽きたようでした。

寿命切れの単6乾電池

このとき僕は困りました。流石に単6電池のストックは家に無いことが分かっていたから。

 

(参ったなぁ…。今日中に進めたい絵の依頼があるのに…。)

というのがこの時の心境。

 

単六電池って、一般的にあまり馴染みが無い電池ないですよね。参考に、単4電池と比べるとこのくらいの小ささ。

単4電池と単6電池の大きさ比較画像

 

使い道は、デジタルペンとか・・・他にはなんかあるのかなぁ(笑)

その程度のマイナー規格。でも、僕にとっては無いと困る貴重な規格。だから、この時は、本当に困りました。

 

 単6電池はどこにあるのか

困ってばかりでも何も進みませんので、一縷の望みをかけてお店を回ってみることにしました。

 

コンビニ、ドラッグストア、100円均一、などとりあえず回ってみましたがありませんでした。

 

 やはり、相当なレアアイテムであると見て間違いありません。

結局電気屋さんへ…

そうです。結局です。

 

ご覧ください。このおびただしい電池の種類と数。ついに勝利目前です。

家電量販店の電池売り場①

家電量販店の電池売り場②

 

見つからない。

まさか、無いのだろうか。マイナーすぎて販売されてないのだろうか。

 

諦めるわけにもいかないので、店員さんにヘルプミー。

「単6の乾電池ってありますか?」

 

 

家電量販店の電池売り場で見つけた単6乾電池①

 あった。

 全然無いと思いきやフツーに棚の真ん中にありました!

 

家電量販店の電池売り場で見つけた単6乾電池②

 

家電量販店の電池売り場で見つけた単6乾電池③

 うわ!めちゃくちゃこっち見てる!!!!

 

謎の目バキバキのキャラクターが気になりますが、何はともあれ無事に手に入れることができました。しかも、ラスト1個だった。よかったよかった。

 

なぜこんなに苦労したのか。単6電池とは何者なのか。

気になったので調べてみました。

どうやら『単6形乾電池』というのは国内乾電池の規格には無い、米国規格のものらしい。

 

つまり、国内では生産されておらず海外メーカー製のみ。さらに、使い道も幅広くないようなので店頭で置いてないことも少なくないようだ。なるほど。

ちなみに国内規格の最小タイプは単5電池(左)単6電池(右)

単5乾電池と単6乾電池の大きさ比較

 

ってことは、今回手に入ったのってある意味奇跡だったのでは…。

まとめ

迷わずネットで注文せよ!

 

無駄に探す手間もいらないし、何なら僕が今回買ったやつより安い!ちくしょう!!

 

 

デジタルペンなど購入される際は、予備の単6電池も併せて買っておくことを強くお勧めします。Surface用のペンは純生、非純生ともに単6電池を使う仕様になっています。

 

 

 

もしも、どーーーーしても今スグ手に入れたいんだ!というときは、まずは落ち着いて電気屋さんへ行きましょう(問い合わせて在庫聞いといてもいいかも)。

 

そこでヤツがあなたのことを待ちわびてるやもしれません。

f:id:blog_66umaredesu:20190727235925j:plain

 エナジャイザーくん(仮名) 

 

おわり